okotoyo1111’s blog

シャーマン神人さんの記事をシェアさせて頂いております。真世への扉を開く時です!

【News『真相』/2021.3.5】 〜バッファロー男(ジェイク・アンジェリ氏) 「アメリカ宇宙軍:テクノロジーと歴史」和訳4話〜

蛯名健仁さんよりシェアさせて頂きました。





【News『真相』/2021.3.5】
バッファロー男(ジェイク・アンジェリ氏)
アメリカ宇宙軍:テクノロジーと歴史」和訳4話〜

 基本的に僕が言いたいのは、これなんだ。
宇宙全体は高調波と数学に基づいて精力的に構造化されてるってことなんだ。
高調波基づいているってことは数学にも基づいているってことになる。

 基本的に何を意味してるかって言うと、原子・人間・地球・太陽・銀河・超巨大ブラックフォール、そしてすべての銀河系の中心などなど、これら全てはこの高調波の共鳴パターンの創造物で、異なったオクターブのようなものなんだ。

 そして僕らが異なった種類の渦で、異なった種類のエネルギーが宇宙を移動して何度も何度もその渦に戻ってくるのを見てるってことを理解する時に…、もし僕の他のビデオ、赤い薬を飲んでぇとか、僕らの間を歩いているエイリアンとかを見たことが無かったらチェックしてみて。
僕はそこで説明していることは、ここでは説明しないよ。

 重要なポイントは、12D以降の想像を超えたレベルで、エネルギーを分配する光の情報のフィードバックループがあるってことなんだ。
それぞれの渦は、銀河か超次元の銀河フィールドの創造者か星か惑星か原子か人かを問わず、全て高調波に基づいていて、全てがエネルギーの回転に基づいていて、全ての渦とエネルギーが別の渦を通って源に戻るんだ。

 と言うわけで、僕らは相互接続され編み込まれたブラックホールとホワイトホールのネットワークを旅することができるんだ。
僕らはこの渦を旅することができる。
この地球に存在する渦かもしれないし、その渦が太陽と繋がっている渦とどのように関係しているのか、そして多元宇宙に存在する銀河に繋がっている渦とどのように関係しているのかなど、これを君たちが理解する時、基本的に僕らがここで話しているのは電磁場なんだ。
密集した、巣と化した電磁場なんだ。
そうすれば基本的に電磁場の特定の部分がクラフトをヒットして、他の星系に行くことができるんだ。

 銀河の配置を理解すれば、これは本当にシンプルなんだと気づくよ。
すべてが構造化されている方法とか、すべてが高調波に基づいていることとか、数学に基づいているっていうことを理解すればね。
特定の周波数に合わせればいいだけなんだ。

 それから基本的には、このエネルギーの周波数を使って、空間と時間の次元の場所へ波に乗るように向かうんだ。
それは、他の星の集合体であるかもしれないし、他の銀河か惑星かもしれない。何でも有りなんだ。
この相互接続されて編み込まれた精力的なタペストリを使って、ある場所から別の場所に、本当に君を一瞬で運ぶことができるんだ。
時間と空間を橋渡しできるワームホールを作ることができるんだ。
すべてが周波数に基づいている。

 テスラは、宇宙の秘密を理解したいなら、エネルギー・周波数・振動の観点から考えよと言った。
僕らが見ているのは、様々な天体と共に存在する精力的な振動・周波数なんだ。
それが原子体であろうが、地球体であろうが、惑星体であろうが、太陽体、銀河系、宇宙体、多元宇宙体であろうが、何であろうがそうなんだ。

 だからこれを理解して、このすべての星と電磁場が相互に関連しているという考えで、これが、基本的に反重力クラフトを使って、すでに存在しているポータルを使い、ある星系から別の星系に移動するってことなんだ。
そして、特定の時間と場所に周波数を合わせて、特定の時間と場所に移動するんだ。
そんなに難しいことじゃないんだ。

 そうなんだ、僕が言ってるのは、太陽は実際には超次元のポータルのようなものなんだ。ある種の超次元の渦のようなもの。
様々な場所から別の場所へ旅するために使うことができるんだ。

 これは、古代の祖先たちが話していた星の存在と、その他のそれに似たもののことなんだ。
僕らの古代の祖先たちは、君たちが知ってるものが太陽から出てきたってことを理解してたんだよ。
空飛ぶ円盤やエイリアンなどが、太陽から飛んで出てきたって言うことを知ってたんだ。
「僕らの間をエイリアンが歩いている」を見てみてね。
今話してることが、どのように機能するか深く掘り下げているから、チェックすることを強く進めるよ。
でもここで話していることは、超次元の存在は、僕らの想像を超えた技術を持っていたと言うことなんだ。
それはまさに、僕らよりも何百万年も進んでいたんだ。

 彼らが物理法則をよく理解してるってことなんだ。
彼らは、物理法則を完全に理解しているから、その理解を利用して僕らから身を隠すだけでなく、銀河を旅し、宇宙を旅し、他の存在について、そして自分自身について、ますます知識を得ているんだ。

 今僕らは、人類の一個人として地球外生命体が持っているような高度な理解を深めようとし始めているんだ。
そこでこの種の技術、TR-3Bの技術が登場するんだ。
そしてそこで115番元素なども登場するんだ。
君が知ってようが知らなかろうが、ここからすごく面白くなってくるよ。
こういう存在たちは、僕らにポタポタと雫のように、この技術を気づかせてくれてる。
そうすることによって、僕らは人類として成長し加速し進化することが出来るんだ。
そして、全ての存在との共生関係を作り出すために、僕らは物理学の基本を理解し使用し、そうすることで銀河市民権の領域に歓迎されるんだ。

 つまり、基本的にここで話しているのは、渦と振動の周波数の使用なんだ。
これは太陽の塔なんだよ。
光のある次元から別の次元に移動するためのエネルギー周波数と振動の使用について話してるんだ。
もし僕らが、エネルギー周波数と振動が異なる意識の平面を作り出す方法を理解すれば、それが地球上で意識を生み出す方法だったり、金星・木星・火星または水星で、意識を生み出す方法だったり、そうすることによって僕らは、これらの平面を理解していくんだ。

 これらの場所が、必ずしも水ベースまたは炭素ベースではないっていうことは、必ずしも、この存在が存在するために水と炭素ベースがなければならないということを意味するわけじゃないんだ。
だから、これは僕らの太陽系にすでに存在している周波数を通して、相互接続されている意識と存在の事なる平面と領域なんだ。
だから、僕が言ったように、それはまるで地球が電子であるかのようで、全ての惑星が原子核の周りを回る電子のようなものなんだ。
だから、その理解の下で覚えておくことがすごくすごく重要なのは、例えばシリウスのような星系、またはオリオン星雲、竜座、または竜座の星系、何でもありなんだ。オリオン座の星、分かるでしょ?

 これが、僕らの太陽系の電磁場で星系と編み込まれて相互接続されてるんだ。
そして、これが僕らの祖先が、僕らが生まれた場所だと言ってる場所なんだ。
僕らの祖先が、この惑星での生命の生産におけるエネルギー周波数と振動の役割を理解しているからそう言ったんだ。
サイマティクスの概念を理解すれば、時空の様々なパターンを表すエネルギー周波数と振動の概念を理解できるんだ。
そしてこれは、実際には3次元フィールドの2次元バージョンだという考えで、その概念をこれらすべての周波数に適用する。
そうすれば、エネルギー周波数と調和の振動に基づいて宇宙が構築される方法を理解し始めることができるんだ。
そして、この調和をベースにして、この理解を基に特定のポータルから様々な世界、様々な星系へと旅することが出来るんだ。

■文字起こし→福田寿美恵さん&大友智達さん
■詳細→ https://ameblo.jp/j-out-sider-zzz/entry-12660463585.html
■動画→https://www.youtube.com/watch?v=Pce2jlQ5wMU







シェアさせて頂いた記事はこちら↓です。
ありがとうございました!



https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=3526049590856286&id=100003538407906